マンション管理会社の委託の方法と値段を含めた選定方法

マンション管理に関する基礎知識

管理会社と言いますのは、分譲された物件の管理に関係する多種多様な業務をする会社です。マンション管理適正化法によりまして、管理を事業として行う会社につきましては国土交通省へとエントリーすることが義務化されることになりました。一般的に考えて管理は労働集約スタイルのサービス業でありまして、それほどスケールの大きい設備投資が必要ではありません。従って、大手から始まり中小零細まで様々な会社が存在しています。現実の上で行う業務としましては、管理費といった出納そして、管理員派遣また、清掃や、設備点検などがあります。そうした業務の大半は建物、あるいは設備の共用分、そして管理組合の運営です。それぞれの専有部分については従来、原則として業務対象外という形でしたが、少し前から新サービスとして専有部分のサポートも加算された値段で手掛けることが多いです。

管理会社の活用法の種類及び特徴

会社の活用の種類としましては、全部委託及び一部委託が存在します。全部委託と言いますのは、管理業務の大部分を一括して任せて、月ごとに一定額の値段の委託料を払うものになります。管理組合として実施するのは基本方向を決定することくらいで、それから後は管理している会社に任せ、役員の負荷が軽くて済みます。ここへ来て全部委託が一般的です。それに対して、一部委託は、出納や派遣など一部業務だけ任せます。清掃、あるいは設備点検といった業務は管理組合がダイレクトに、専門会社にオーダーします。全部委託に対比させてみると手数料などをカットでき、役員の負担がそれほど増加することなく管理費の値段を抑えられます。しかしながら、専門会社へとダイレクトに発注する業務に関しましては、管理組合が自ら確かめる必要があります。

信頼に値する会社の見分け方に関して

今は全部委託方式がメインになっているといわれるものの、会社へ丸投げしておくことによって大丈夫と言い切れるものではありません。元を正せば、新築の際に売主の不動産会社が一体化させており、管理組合が自身でセレクトしたわけではありません。加えて、管理組合の役員につきましては1から2年任期で入れ替わり立ち代わりチェンジし、専門的な知識についても初心者です。その結果チェックが機能せず、費用を入れて管理会社の言うがままになっていることが起こります。信用できる会社か否か見分けるポイントとなるところとしては、過去の経歴や実績があります。由緒正しい会社はその分だけ安定性がありますし、たくさん運営しているマンションを見れば、得意、不得意が認識できます。フロントマンといった担当者一人がどの位のマンションを受け持ちしているかも肝要になってきます。さらに、フロントマンの水準には相当差があります。問題点があらわになるようなら、フロントマンをチェンジしてもらう申し入れをすると賢明といえます。

記事一覧